11月の献立

11月の献立

秋の名残を美味しさに込めた霜月の献立をお届けします。
坪は、亥の子餅。亥の子に模した蓮餠で無病息災を願います。
羹は、聖護院蕪のすり流し。やさしい味わいの中に、白子豆腐や焼雲丹の旨味が広がります。
朝食では、地元静岡県産の自然薯を皮ごとおろしてとろろ汁に仕上げました。
大地のエナジーを感じる独特の香りと粘りを麦飯とともにお楽しみいただけます。
冬の到来を前に、晩秋の美味を心ゆくまでご堪能ください。