柳生の庄 新着情報

修善寺 初夏のイベント

修善寺温泉では、初夏の6月から7月上旬にかけて、
毎年恒例で季節の風情を感じられる様々なイベントが開催されます。

(修善寺花しょうぶまつり)
[日時] 平成29年6月5日(月)~20日(火)
[場所] 修善寺温泉街/修善寺虹の郷

修善寺に夏の訪れを知らせる、紫色や桃色の花菖蒲。
修善寺虹の郷では「日本庭園」を約300種7000株の花菖蒲が辺りを埋め尽くすように咲き誇ります。

修善寺温泉の名所や街角には花菖蒲の鉢植えが飾られ、 温泉街が華やかに初夏の彩りで賑わいます。

(修善寺ほたるの夕べ)
[日時] 平成29年5月22日(月)~6月4日(日)
[場所] 修善寺温泉・赤蛙公園

修善寺の静かな夜に舞う、初夏の風物詩「ほたる」。
毎年恒例、修善寺温泉の赤蛙公園で「ほたるの夕べ」が開催されます。

(修善寺虹の郷あじさい)
[日時] 平成29年6月中旬~7月中旬
[場所] 修善寺虹の郷

丘一面を覆うように植えられた10種・3500株が日本庭園を彩ります。

▲ページトップに戻る

だるま山レストハウスから富士山を見る。

だるま山レストハウスから見る富士山がすばらしい。
ケータイでもこんなにきれいに撮れた。
なんと、空に雲がひとつも無い!!

穏やかな富士山は、人々の心を和ませてくれます。
やはり、富士山は偉大なのです。

だるま山からは2つのライブカメラが富士山の様子を伝えて
います。
ひとつは現在の富士山。もうひとつは1時間ごとの富士山の写真
を載せています。
しかも、本日だけでなくカレンダーから過去の日の富士山の一日
を確かめることができます。

「伊豆市ライブカメラ」で検索して、ぜひ一度ご覧になってみて
ください。 オススメデス!!

▲ページトップに戻る

PREMIUM JAPAN に掲載されました

株式会社キュレーションジャパンが運営する「プレミアムジャパン」に掲載されました。(10月29日)
温泉、日本酒、おもてなしの心など世界に誇れるメイドインジャパンの魅力を紹介するサイトです。

PREMIUM JAPAN

▲ページトップに戻る

新米+わさびキャンペーン

炊き立ての新米に伊豆市のわさびをすりおろした“わさび飯”をご賞味下さい。

天城山系をはじめとする山々に囲まれた伊豆市は豊かな自然と豊かな水により全国トップクラスのわさびの産地です。

わさびの旬は秋といわれています。是非この機会にご賞味下さい。

期間:11月30日(水)まで

▲ページトップに戻る

第10回 柳生の庄 古典落語の夕べ

9月7日(水)から 9日(金)の3日間行われる
「柳生の庄 古典落語の夕べ」は 今年で10回目をむかえました。

三遊亭圓遊師匠と修善寺出身の春風亭傳枝師匠による古典落語の世界をお楽しみ頂けます。

▲ページトップに戻る

キャンドルナイトin修善寺温泉

8月17日~31日まで、夏の光の祭典「キャンドルナイトin修善寺温泉」が開催されます。
1日1,000個、15日間のトータルでは15,000個と、日本最大規模のキャンドルイベントになります。
やわらかなろうそくの光が、修善寺温泉街をロマンティックに演出します。
幽玄なろうそくの灯りがゆらぐ修善寺の夏の夜を、ゆっくりとお楽しみください。

【開催日時】8月17日~8月31日 19:30~21:00
※雨天・強風の場合、中止。
※8月21日は花火大会のため、キャンドルナイトは行いません。

▲ページトップに戻る

修禅寺寒桜が咲き始めました

もう3月になりました。

修禅寺境内では、修禅寺寒桜が咲き始め、春のにぎわいを歓迎しています。

参詣の人々も、淡い紅紫色の花をバックに記念写真で1枚、
下から見上げて1枚と熱心に写真を撮っています。

これから、ますますポカポカの春です。

「のんびりとした春爛漫の伊豆」へ、
ぜひ、皆様遊びにいらしてください。

▲ページトップに戻る

独鈷公園の、秋に咲く桜

もう製造を止めてしまった「伊豆クリスプ」を買いたくて、
まだ売っている温泉街の創巣堂さんへ行ってきた。

猫のデザインのマグカップやかわいらしい小物がいっぱいあり、
創巣堂さんは楽しく、好きなお店です。

「伊豆クリスプ」は、ヘーゼルナッツが入っているものや
チーズ味などもあり、ビールやワイン、ウィスキーなどの
おつまみにピッタリ。

製造中止はとても残念。

外に出てふと見れば、独鈷公園の入り口に、
秋に咲く桜を見つけた。

修善寺では何ヶ所かで、見ることができるそうです。

▲ページトップに戻る

修善寺温泉もみじ祭り

伊豆随一のもみじ群生林がある伊豆修善寺。

11月中旬から12月上旬にかけて各所で見頃を迎え、
赤や黄色の燃えるような鮮やかな紅葉に包まれます。

■ 修善寺自然公園「もみじ林」
[時期] 2015年11月14日(土)~12月6日(日)
[場所] 修善寺自然公園「もみじ林」
1haに約1000本の紅葉群生林のある修善寺自然公園。
晴れた日には鮮やかに染まるもみじと、富士山を見る
ことができます。
また、期間中は地場産品を販売する露店で賑わいをみせます。

■ 修善寺庭園~東海第一園~秋の特別公開
[時期] 2014年11月20日(金)~11月30日(月)
9:00~16:00
[場所] 修禅寺
[料金] 200円/お一人様
通常非公開の修禅寺方丈の庭園を、期間限定で一般公開します。
伊豆の古刹が守り伝えてきた名園で、晩秋のひと時を
お過ごしください。

■ 修善寺虹の郷「もみじライトアップ」
[時期] 2015年11月20日(金)~30日(月)16:00~21:00
[場所] 修善寺虹の郷
[料金] 有料
約1000本のもみじ林をはじめ、約2000本の和風・洋風の紅葉が
ご覧いただけます。
また幻想的な紅葉のライトアップもお楽しみください。

▲ページトップに戻る

修善寺温泉菊花まつり

秋の修善寺温泉を彩る菊の祭典。
伝統と歴史の「修善寺菊花展」を中心に
「修善寺虹の郷菊花まつり」。
さらに温泉街を菊で彩る「温泉街菊花まつり」も開催され
修善寺温泉街が秋の色彩で華やぎます。

■ 修善寺温泉街「菊花まつり」
[時期] 2015年9月26日(土)~11月13日(金)
[場所] 修善寺温泉街
修善寺虹の郷の菊花まつりに先がけ、修善寺温泉街の
修禅寺と指月殿には、鮮やかに咲く菊の鉢が、たくさん飾られて
散策の目を楽しませてくれます。

■ 修善寺虹の郷「菊花まつり」
[時期] 2015年10月21日(水)~11月9日(月)/期間中無休
[場所] 修善寺虹の郷
秋の日本庭園や伊豆の村を菊一色に彩る「菊花まつり」。
地元菊愛好家が丹精込めて作り上げた「競技花」の作品を展示
する「修善寺菊花展」をはじめ、園内を色あでやかな小菊や
スプレー菊などを使い様々な趣向を凝らし、園内を庭作り風に
飾り付け、他とは一味違った虹の郷ならではの「菊花まつり」
です。

▲ページトップに戻る

「修善寺手作り市 in 修禅寺」開催のお知らせ

ない、ない、ない、ない、雲がない。見渡すかぎり雲がない、
濃い青の空。昨日の朝の暴風はすごかった。
空のチリをいっしょにもって行ってくれたのかもしれない。

秋が少しづつ深まり行く中、今日は静かな境内でした。

恒例の「修善寺手作り市 in 修禅寺」は10月24日(土)
25日(日)の2日間です。10回目を迎える今回は、
「いーずらバル」が同時開催となります。

回を重ねるたび、どんどんにぎやかになって行くこの
イベントに、ぜひお越しください。

▲ページトップに戻る

第9回 柳生の庄 古典落語の夕べ

9月9日(水)から3日間行われた「柳生の庄 古典落語の夕べ」
は、連日の満員御礼で無事終了いたしました。
心配していたお天気も、3日間とも雨にならず幸運でした。
それもこれも、圓遊師匠、傳枝師匠はじめ、お集まりいただいた
皆様のおかげだと、心より感謝申し上げます。

来年は10回目となります。
来年もよろしくお願いします。

▲ページトップに戻る

修善寺桂流コシヒカリ新米キャンペーン!

『桂流コシヒカリ』は修善寺温泉地区がとりくんでいる
地域づくり活動により生まれたお米です。

温泉街上流部には古き良き農村景観が残されており、
その景観を維持することが修善寺温泉全体の地域づくりに
必要との認識から修善寺温泉旅館組合に加盟している
旅館では、景観の主体となる水田の維持を図る為、
積極的に『桂流コシヒカリ』をお客様に提供しております。

又、生産者側でも「食は命、命は食にあり」をテーマに
安全で安心なお米を提供すべく、日夜研究を進めています。

秋の味覚と共に美味しいお米をお召し上がりください。
今年も安全で美味しいお米をご賞味いただけます。

▲ページトップに戻る

修禅寺 秋季弘法忌

修禅寺 秋季弘法忌】


8月20日 万燈会
 修禅寺本堂から虎渓橋を渡って、とっこの湯公園に祀られた稚児大師像前まで。ロウソクを持ち僧侶に続いて参列者が厳かに歩きます。行列への参加は自由です。

8月21日 大般若祈祷
 大祈祷では、本尊大日如来の加持力と弘法大師空海の力をいただいて福利が祈られ、僧侶たちの振る経本の風にあたると無病息災といわれています。

8月21日 弘法大師奉納花火大会
 修禅寺本堂の裏山から打ち上げられるので、温泉街から見ると修禅寺の山門や本堂の背景 に花火があがります。
 山腹からの打ち上げ花火は珍しく、花火の音が谷間に響いて迫力を増します。クライマックスには特大スターマインの競演、桂川の流れにそって仕掛けたナイアガラもすぐ間近で見ることが出来ます。伝統の奉納花火は温泉街に夏の終わりを告げ、修善寺は秋を迎えます。

▲ページトップに戻る

修善寺温泉 夏の『光の祭典』キャンドルナイト

月16日~31日まで、夏の光の祭典「キャンドルナイトin修善寺温泉」が開催されます。
1日1,000個、15日間のトータルでは15,000個と、日本最大規模のキャンドルイベントになります。
やわらかなろうそくの光が、修善寺温泉街をロマンティックに演出します。
幽玄なろうそくの灯りがゆらぐ修善寺の夏の夜を、ゆっくりとお楽しみください。
※雨天・強風の場合、中止。
※8月21日は花火大会のため、キャンドルナイトは行いません。

【開催日時】8月16日~8月31日 19:30~21: 00
※8月21日は花火大会のため、キャンドルナイトは行いません。

【開催場所】修禅寺と温泉街

 修禅寺にて祈祷されたご利益のある和ろうそくです。
思いを込めて火を灯してください。
 家内安全・商売繁盛・良縁成就など
 祈願ろうそくに願いを書いて、修禅寺境内のろうそく台に
灯すことができます。

▲ページトップに戻る

修善寺 頼家まつり

修善寺温泉で暗殺された、鎌倉二代将軍
「源頼家」とその家臣「十三士」の霊を慰める
イベントです。

日 時:平成27年7月20日(月曜日 海の日)

場 所:修禅寺→十三士の墓→源頼家の墓→
       桂遊通り→桂橋→修禅寺

源頼家は正治元年(1199年)に父 頼朝の亡き後
家督を継ぎ鎌倉二代将軍となったが北条氏の策略により
わずか5年で軍職を奪われ修禅寺に幽閉されました。

翌年の元久元年(1204年)7月18日に鎌倉からの刺客の
為、23歳の若さで一生を終える事となります。

「頼家公」とその妻「若狭の局」。息子の「一幡」が
頼家公の家臣「十三士」とともに温泉街で仮装行列と
墓前供養を行います。

修禅寺のご住職を先頭に職方の皆さん、護寺会の皆さんなど
たくさんの方が行列に参加します。

一般のお客様もご焼香いただけますので
どうぞお手をお合わせ下さい。

又、若狭の局役は頼家公の霊を慰めるべく、比企一族ゆかりの
埼玉県東松山より特別参加していただきます。

▲ページトップに戻る

修善寺 花しょうぶまつり

【修善寺花しょうぶまつり】

日時  2015年6月上旬~下旬

場所 修善寺温泉街/修善寺虹の郷

修善寺に夏の訪れを知らせる、紫色や桃色の花菖蒲。

修善寺虹の郷では「日本庭園」を約300種7000株の花菖蒲が
辺りを埋め尽くすように咲き誇ります。

修善寺温泉の名所や街角には花菖蒲の鉢植えが飾られ、
温泉街が華やかに初夏の彩りで賑わいます。

【修善寺虹の郷あじさい】

日時 2014年6月中旬~7月中旬

場所 修善寺虹の郷

丘一面を覆うように植えられた10種・3500株が
日本庭園を彩ります。

▲ページトップに戻る

初夏の風物詩「ほたるの夕べ」

初夏の風物詩「ほたるの夕べ」のご案内です。

●場所・・・・・修善寺温泉赤蛙(アカガエル)公園
     当館より徒歩5分

●時間・・・・・20時頃が見頃です。

●期間・・・・・5月27日(水)~6月14日(日)

※雨天 中止

修善寺の静かな夜の
こころ和むホタルの舞をお楽しみください。

▲ページトップに戻る

日本橋西川 第6回「逸品寝具体験会」のご案内

【400年分の感謝をこめて】
西川誕生の地「近江」から、日本橋に出店して今年2015年は400年目という大きな節目を迎えるに当たり、日本橋西川ではお得意様限定の特別体験キャンペーンが開催されます。

当館離れ「梅の生」と「松の生」では西川製の整圧敷布団をお客様に使用していただいております。

今回のキャンペーンではコラボレーションが実現し、2階特設会場では「柳生の庄」をイメージした設えの中で体験会が行われることになりました。

普段と違う特別なお時間をご体験ください。

日時
3月20日(金)21日(土)22日(日)23日(月)24日(火) 
①11時 ②13時 ③14時 ④15時 ⑤16時 ⑥17時

会場
日本橋西川 2F特設会場

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-5-3
日本橋西川 フリーダイヤル0120-543-443

▲ページトップに戻る

家庭画報「桜」プランのご案内

家庭画報2015年4月号に「柳生の庄」が掲載されました。読者専用の家庭画報特別「桜」プラン(2月28日~4月30日)が紹介されています。
夕食には「桜魚焼浸」と「活伊勢海老具足煮」を含む全12~14品をご用意します。(桜魚とは子鮎のこと)
朝食では「筍炭火焼」を楽しむことができます。
1泊2食付おひとり様 45,278円~125,278円(2名1室利用の場合、消費税・入湯税別)

家庭画報特別「お花見弁当」(4月1日~4月15日)
「桜」プランでご宿泊のお客様専用で、1日10個限定のオプションです。
1人前5,000円(消費税別)、前日までに2個以上で要予約

詳細は誌面をご確認ください。

▲ページトップに戻る

女将のもちより雛と修禅寺庭園特別鑑賞

河津桜や修善寺寒桜などの日本で一番早く咲く桜や梅と共に春を告げるイベントです。
毎年多くのお客様に、修禅寺参拝と共にお楽しみ頂いております。女将の点てる抹茶もこの期間だけの特別なものです。

期 間:2月14日(土) ~ 3月8日(日)
会 場:修禅寺境内東側書院
アクセス:温泉駅 徒歩5分
料金:庭園観賞ともちより雛展入場:200円、女将のお抹茶:300円(入場料とは別)
住所:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺964
連絡先・他:修善寺温泉旅館協同組合
TELL:0558-72-0271

▲ページトップに戻る

平成27年修善寺梅林“梅まつり”開催します

修善寺梅林は、広さ3ヘクタールに渡り
樹齢100年を超える老木から若木を合わせ約20種、
1,000本の紅白梅が花を咲かせます。
見頃を迎えるころには、お山全体が梅の香に包まれます。

期 間:平成27年2月1日(日)~3月10日(火)
会 場:修善寺梅林
駐車場:普通車300円/マイクロバス600円/大型バス800円

開花状況の詳細については
伊豆市観光協会修善寺支部HPをご覧ください。

▲ページトップに戻る